ページトップへ

めぐりラボ 赤澤純代(あかざわすみよ) 先生

めざせ血流美人

血流をよくして、
女性の悩みを解消!

血のめぐりがよくなると、良いこといっぱいです。
冷え性改善、くまも消えて、お肌もキレイに、
血流美人を目指しましょう。

あかざわ     すみよ

赤澤 純代先生

金沢医科大学を卒業・研修を修了後、1992年より東京大学第三内科研究医を経て東京大学先端技術研究所ゲノムサイエンス油谷研究室を経て母校の金沢医科大学循環器内科助手時代に石川県初の女性外来を開設(2002年3月13日)、その後組織再編で21世紀集学的医療センターで女性総合医療センターとして男女参画・性差医療を実践し現在の金沢医科大学 集学的医療部 総合診療センター 女性総合外来となる。金沢医科大学女性医療人スタッフと連携して外来診療を行いながら、女性特有の体や心の問題に対し、ライフステージに合わせてやってくる変化とうまく付きあいながら、年を重ねていくための処方箋を楽しみながら研究し、実践し、提案している。
著書:「血流美人」、編著:Tie2・リンパ・血管研究会編著 コスモの本「Tie2マジック」、日経ヘルス 2015年1月号、クロワッサン 2015年2月10日号

女性のための医療で
瘀血のメカニズムに着目

女性外来って珍しいですが、作られた経緯など教えていただけますか?


  • 赤澤先生

  • 女性外来ができて、14年目になるのかな。2002年頃に、鹿児島の大学で最初に女性外来ができて、一時期ちょっとしたブームになったんですよ。当時、心臓病学会で、女性は閉経後に心筋梗塞になると悪化しやすいという「性差」の話があって、広まってきました。
     私は、上司に女性外来をしてみたらって言っていただいて、始めました。二人目を出産した直後で、色々な事情が重なりつらい時期だったから、私自身もすごく勉強になって。
     「瘀血」のメカニズムを追求していく中で、血流の話にたどり着いたんです。自分に効いて、初めて必要なのだと実感しました。

性差医療っていうのは、性別の差による医療の違いですか?


  • 赤澤先生

  • そう、性別の違いです。男性と違って女性は閉経があるので、50.5歳以降、急に調子が悪くなる。その後、不定愁訴でぐるぐる色々な病院を回ることになって。何科を受診していいかわからないと患者さんが大変だから、その入り口となる「女性外来」を作ろうという動きが、全国に波及していきました。

その中で先生が「血流」にたどり着かれたきっかけというのは…?


  • 赤澤先生

  • それは、私が「瘀血(おけつ)」女なんです(笑)。
    一時期、体にいいっていわれていた紅花油のマーガリンなどを、母がよく使っていました。実はそれは、摂り過ぎるとよくない、オメガ6脂肪酸だったのです。
    生理痛や片頭痛、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、顔にくまもすごく出るなど、不定愁訴の諸症状がたくさん出ていて…。やっぱり食生活がよくなかったのね。

今日食べたものが明日の体を作る
まずは「養生」すること


  • 赤澤先生

  • 研究してるときにはわからなかったけど、実際に自分が病んで、学んで、初めて「養生の食」って大事なんだって思いました。
    「食」を変えるとくまもなくなるし、すごく調子が良くなってイライラも、不眠も解消しました。
    それと、漢方薬がすごく効いたんです。「養生」がメインで漢方薬はプラスαで。

瘀血を治すために、どういうご指導をされているんですか?


  • 赤澤先生

  • バランス良く食事をしましょうという「養生」をしてもらいます。
    食べているものを伺って、コレとコレ、やめたほうがいいですよって指導します。

これはダメという食べ物はあるんですか?


  • 赤澤先生

  • お菓子の食べ過ぎはよくないですね。
    ショートニングやマーガリン、砂糖や果糖ブドウ糖液の摂り過ぎもよくないです。
    あとは焦げてるもの。実はこっそり生活習慣病を悪化させることがわかっていて、それをなるべく少なくするように指導しています。

普段の食事では何に気をつけたほうが良いでしょうか?


  • 赤澤先生

  • 食事だと例えば、焼き肉のタレにたっぷりお砂糖が入っていたら、知らないうちに摂っているし、ポン酢も、原材料名を見ると「果糖ブドウ糖液」が入っていることもあります。それと小麦も。 一般的に、色の白い食品がよくないといわれています。それらをちょっと控えると、瘀血も悪化しにくいです。

では、白いご飯はどうでしょうか?


  • 赤澤先生

  • 白いご飯より玄米を食べて。 今日食べたものが明日の体を作ります。顔に吹き出物などができたら、昨日何を食べたか振り返ってみてくださいね。

血液サラサラで
お肌もキレイに!


  • 赤澤先生

  • お魚に多く含まれる、オメガ3脂肪酸を摂取すると、血液がサラサラになり、肌がキレイになるというデータが出ています。

血液がサラサラになるというのは血管が良くなるのですか?それとも、血の質が良くなるのでしょうか?


  • 赤澤先生

  • 管も、血の流れも良くなることを指します。赤血球って血管の太さによって変形して体の隅々までめぐります。その変形能がよくなると流れが良くなりますし、血管内皮機能が整います。良い脂肪酸を取ると膜がしなやかになり赤血球が細い血管でもどこでも通っていけるようになるのです。それをみんなにわかりやすいように、サラサラって言っているの。
    あと食べるものが、コレステロール量が多ければ血はドロッとするし、めぐりも悪くなる。

血管をしなやかにするという点では、オメガ3脂肪酸とヘスペリジンは似てますね。

基礎研究ではヘスペリジンは血管をしなやかにするという実験結果が出てるんですよ。

さあ、自分の血流を
チェックしましょう!

自分の血流がどうなっているかチェックする方法はありますか?


  • 赤澤先生

  • まず両手を挙げ、バンザイをして、両腕のつけ根から30秒ほど、ぶるぶる振ってみましょう。
    30秒たったら腕をおろします。指先がジーンときたら、血がめぐっている証拠。
    でも、交感神経優位の人や鬱(うつ)の人、不眠症の人は手を下ろしても、血流を感じにくいの。交感神経優位だと末梢が締まるからめぐりが悪い。リラックスすると副交感神経優位だから血流がよくなる。

ヘスペリジンは副交感神経の働きを活発にしますよ。
リラックスした状態だからめぐりがよくなるのですね。


  • 赤澤先生

  • 血流がよくなると、冷え性にも効果が出ます。血流が悪いと体が冷え、体の様々な不調を招いてしまいます。

他にも血流をチェックできる方法はありますか?


  • 赤澤先生

  • 舌の裏でわかります。黒いと「瘀血(おけつ)」、循環が悪いという
    ことです。血流が良い人はピンク色をしています。

血流美人は素肌美人
肌のお手入れは血流から

先生の著書「血流美人」のとおり、血行がよくなると、肌はキレイになりますよね。
くすみやくまなども、やっぱり血流からって言いますし。


  • 赤澤先生

  • そう、キレイになる。高いクリームを使ってもよくならなかったのが、血行がよくなったら必要なくなったり(笑)。血液の循環が悪いとお肌も血行不良になるから、栄養や水分がすみずみまで行き届かなくて、くすみや肌のごわつきの原因になるの。

血流改善は高いエステに行くより効果があったり…?


  • 赤澤先生

  • そうですね。エステも血流をよくしますね。リンパ液も流すし。マッサージでリンパ液も流れるし、気持ち良いとリラックスしますよね。副交感神経が優位になればリンパ液も流れやすくなるんです。
    あとはよく笑うこと、腹式呼吸でね。

腹式呼吸をすると副交感神経が優位になるって聞いたことがあります。
ちなみに、エステで物理的に血流改善すると、どのくらい維持できるのでしょうか?


  • 赤澤先生

  • 気持ちいいけど、すぐ戻ってしまいますね。

そうですか。やっぱり自分の力で血液のめぐりを良くすることが大事ってことですね。


  • 赤澤先生

  • そう!そして、楽しく笑って生活をするほうがずっといいですよ。
    サプリメントなどで普段の食生活で摂りづらいものを、取り入れてバランスを整えるのもいいと思いますよ。

なるほど。瘀血や血液のめぐりがよくなることで、様々な疾病や、お肌の調子も改善して、キレイになれるんですね。