ヘスペリジンの9つの働き

ページトップへ

めぐりラボ

血流改善

手足先など末端の冷えを和らげます!
現在、女性の2人に1人が悩んでいると言われる「冷え性」。実際に冷えに関するアンケートでも全体の74%の人が「冷えを感じることがある」と答えています。
そんな「冷え」の悩みにおすすめなのがみかんの皮などに多く含まれるヘスペリジン。
毛細血管を修復・強化する作用や、血液のめぐりを改善します。その働きにより末端にまで血液を行き届かせて体温を回復させるので、手指先や足指先などの末端の部分的な冷えを和らげてくれる効果が期待できます。

ヘスペリジンと冷えの改善を検証してみました!
冷えにお悩みの20代、30代の女性11名に、「糖転移ヘスペリジン」1日250mgを7日間続けて摂取してもらい、手を15℃の冷たい流水に1分間つける冷却負荷実験をおこないました。

体表面温度の変化

ヘスペリジンって何?

古くから生活の中に取り入れられている
みかんから生まれた元気成分です。

柑橘類から抽出される元気成分ヘスペリジン。

風邪をひきやすい冬のビタミン補給源として、また体を芯から温める冬至のゆず湯などに古くから活用されてきた柑橘類。その果実や皮から抽出される元気成分がヘスペリジンです。漢方薬でよく使われる陳皮の有用成分で、特に熟す前の青みかんに多く含まれます。

長年にわたる研究がその健康パワーを証明!
ポリフェノールの一種であるヘスペリジン。紫外線から果実を守るだけでなく、人間の健康にもおおいに役立つ働きをもっていることが、長年にわたる研究からわかっています。

豆知識
「ヘスペリジン」が毛細血管の出血を防ぐのに効果的であることを発見したのはビタミンCの発見者でもあるセント・ジョルジ博士です。